Amazon EC2のイベント対応を楽にするためのアイデアと「Design for Failure」の考え方

codezine.jp